睡眠ダイエット 質の良い睡眠とは

どうせ寝るなら、質の良い睡眠をしたいですよね
寝ている間に、痩せたい質になるなんて

夢のような事ですもの
一体どんな睡眠が良いのか?

アメリカのスリーピングドクターのブルース博士が
質の良い眠りをもたらす5つの法則を紹介してます

★ スリーピングドクターの5ルール

1)規則正しい睡眠

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる習慣をつける
そのためには、起きる時間を決めて、

その時間から7.5時間を逆算して
その時間に寝るようにする

理想的な睡眠時間といっても それぞれの個人差があり
7・5時間で目覚められない時は

15分ずつ前後にずらし寝る時間を調整して
スッキリ目覚める時間を探して、

最適な睡眠時間をとるようにしましょう
自分に合った睡眠時間ですね

2)カフェインを午後2時以降は控える

脳の働きを活発にするカフェインの作用が消えるのに
6時間掛かると、一般的に言われています

ですから、午後2時以降のカフェインは控えましょう
コーヒーや紅茶は出来るだけ午前中にね

3) 寝る3時間前はお酒を飲まない

お酒を飲むと良く眠れると思いがちですが
本当は、深い眠りを妨げるのです

お酒を飲むと眠くなりますが
その眠りは、浅い眠りなので身体を十分に休める事が出来ない

4) 寝る4時間前までに激しい運動を終わらせる

体温が上がりすぎる有酸素運動、(エアロビクス、水泳
ランニング)は、体温を下げるのに4時間ほど掛かります

人間の体は、体温が上がっている間は
眠りにつきにくく、体温が下がってくると眠くなるので

寝る4時間前までに、激しい運動は
終わらせておきましょう

寝る前は、リラックス効果のある
ヨガやストレッチなどが良いですね

5) 日光を毎日15分間は浴びる

身体の生体リズムをコントロールしているのが
”体内時計” 1日が24時間に対して

体内時計は25時間なので、毎日リセットしないと
体内時計がズレてしまい、睡眠のリズムが乱れます

毎日15分間朝日を浴びると、体内時計がリセットされて
メラトニンという睡眠ホルモンが分泌され整います

睡眠の美肌効果は知っていると思いますが
「睡眠ダイエット」というものが登場するほど

ダイエット効果が期待できるということですね
直ぐ美効果かが出るというものではないですが

健康的で理想的なダイエット法だと思います

早寝、早起き は美人を作る

トラックバックURL

カテゴリ
タグ
  • seo