ウォーキングと有酸素運動の仕組み

ウォーキングは有酸素運動だということは
ご存知の方もいらっしゃると思います

ではこの有酸素運動の仕組みを知っていますか?
知っていることで一味も二味も

ウォーキングダイエットに取り組み方が
違ってくると思います

やる気もどんどん出てきて
ダイエット効果が倍増するかもしれないですね

「有酸素運動」とは

呼吸をする事で体内にある糖質や脂肪を
エネルギーに変えてくれる
酸素を取り込むことです

分かり易くいうと
呼吸をする事で脂肪を燃焼させるということです

それだったら何もウォーキングをしなくても
人間は24時間呼吸をしているのだから

それだけで痩せると言う事になるじゃない!
と思いますよね

でも、普段の呼吸では体の中に取り込まれる
酸素の量が少ないのですね

酸素が少ないということは
呼吸が浅いということですね

呼吸を深くする為に一番簡単に出来るのが
ウォーキングです、自然に深い呼吸になり

そのおかげで継続的に酸素を身体に取り込むことが出来
脂肪の燃焼をさせることが出来るということです

人間が生きていくのに必要なエネルギーは
大きく分けて、糖分を分解する場合と脂肪を分解する場合

この2つの過程で作られています

特により多くのエネルギーが作られるのは
脂肪を分解する時です

有酸素運動でこのつた角過程はでできます

エネルギーが作られていくようになるのは
有酸素運動をする事です

トラックバックURL

カテゴリ
タグ
  • seo