基礎代謝量の違いを知る

基礎代謝の違いを知るっているとお得

ダイエットによくでて来る言葉です
基礎代謝は重要なポイントになります

性別や年齢によって違いがあります
また、生活環境や人種、体格などによっても違います

例えば暑い時よりも寒いときのほうが
基礎代謝は高い傾向にあります

暑い地方や暖かい地方に住んでいる人は低く
寒い地方 極地の寒冷地に住んでいる人のほうが高い
というわけです

日本では四季がありますが
夏の暑い時よりも冬の寒いときのほうが基礎代謝は高いです

たとえば夏ばてをして食欲が無くなった時でも
さほど体重は落ちていないと思います

それに比べて寒くなると食欲が進みよく食べますが
さして体重は増えていないですね

これは暑い時よりも寒いときのほうが基礎代謝が
高いためです

気温が低いと体温を維持しようと基礎代謝をあげる
ダイエットもチョットひねって

冬でもあまり厚着にならないで
薄着で基礎代謝をあげることを心がけるといいです

体格によっても差が出ます
日ごろよく運動をする人は

筋肉が多い人は エネルギーを燃やして消費し
体温を保とうとします

基礎代謝が働いています

その反対の運動の嫌いな人 余り動かない人は
筋肉が少なく基礎代謝量も少ないため

体に脂肪をためて体温を保とうとします
冬太りの人は気と代謝量が少ないのです

体を動かして筋肉量を増やして
基礎代謝様を増やして

脂肪を燃焼させエネルギーを消費させましょう


ダイエット情報館 - livedoor Blog 共通テーマ

dietslim2 at 10:02│clip!基礎代謝 
カテゴリ
タグ
  • seo