ウォーキングは正しい姿勢で効果アップ

ウォーキングは正しい姿勢で効果アップ

運動不足のためとか、糖尿病や高血圧の症状改善のためとか
またダイエットのためとか、ウォーキングを始める目的は違います

目標とする歩数や時間また距離など目的によって異なるのが当然ですが
共通して言えることは、ダラダラ歩きはしないことです

ダラダラ歩くよりも全身を使って歩くほうが効果が大きいことです
ウォーキングで運動効果を上げるには、なるべく歩幅を広く保ち
速度を早くして歩くことです

でも慣れないときからそればかりを気にしていると
体に負担がかかって楽しく歩けなくなります

楽しく歩けないと続かなくなりますので

運動効果の高い歩き方の実践をするのは
歩く習慣がついて正しい姿勢を意識するようになってからで良いです

歩くとき前に踏みだす足の膝をしっかりと伸ばすことで歩幅が広く取れます
また膝を伸ばして歩くことで足はかかとから着地できます

そのときに重心をかかとから足の腹からつま先へと移動させます
その力を使って地面をつま先でキックすると次の一歩が力強く踏み出すことが出来ます

出来れば腰の回転にも意識を持って歩くといいです
ウォーキング中に体が左右、上下に揺れないように
頭を無駄に動かさないように意識して歩くましょう

足元ばかりを見て歩くと前かがみの姿勢になってしまいます
視線は約15メートルくらい先を見るようにして歩きます

リラックスして肩の力は抜き、ひじを軽く曲げて振りながら歩きます
こうして正しい姿勢で歩くと、効果的なウォーキングができて
余計な負担が体にかからないのです

すぐにでも効果を得たいと思いますが、徐々に正しい歩き方を身に付けて
ウォーキング習慣を続けて無理をしないで確実に効果を出すようにして下さい


カテゴリ
タグ
  • seo